オフィスシマザキ|島崎広彦|東京新宿・青梅 - 腰痛 肩こり 頭痛 ヘルニア 坐骨神経症

オフィスシマザキのぎっくり腰治療に欠かせないカイロベッド

治療効果を最大限に発揮できるのも、このベッドのおかげです。

 

私の愛用しているカイロプラクティックベッドは、開業以来なのでちょうど30年使用しています。

アメリカ製が主流のカイロプラクティック用品ですが、
バブルの前の時代に純国産で作られ始めたカイロプラクティックベッド。

需要が少ないので、すでに生産中止です。

でも、この機種にしか無い特別な構造によって、
オフィスシマザキの治療効果は何倍にも増大させてくれています。

新品では買えないし、あまり生産台数も多くないので、
中古市場に出た場合はほぼ私が買っています。 カイロプラクターではなく、カイロコレクターですね。


長野県の先生に同型ベッドを譲っていただけたので、回収に行ってきました。

 

 

こちらの嵯峨接骨院の院長は、オリンピックナショナルチームに帯同する一流の治療師で、
国体では、特にフェンシングの選手団のパフォーマンス管理を任されています。
購入したのは一昨年でしたが、コロナの関係とオリンピックのお仕事でさらに忙しく、
なかなか引き取りに伺えずにおりました。

そんな大御所の先生から、
飛騨高山で頸椎を治療する専門のベッドの、それも特別なタイプをお持ちの先生を紹介していただいたので、
このタイミングで見させていただいました。

このベッドは購入には至りませんでしたが、
カイロプラクティックベッドの改良の変遷は、
カイロプラクティック治療技術の向上と同じ軌跡をたどります。 当然といえば当然ですが。

しかし、目に見えない技術の向上が目に見える形で残されているのが、
カイロプラクティックベッドなので、ついついカイロコレクターになってしまうのです。

 

 

このベッドは一度バラして、汚れをとって、消耗品を変えて、グリスアップして、
スペアーとして大切に保管していきます。 そして、遠い将来には、

一台は娘の病院のどこかに、
一台は息子の治療院のメインベッドに、
そしてそれぞれにスペアーのベッドを持たせて、

将来もぎっくり腰を即効で治せる技術を残していきます。

コメントを残す