オフィスシマザキ|島崎広彦|東京新宿・青梅 - 腰痛 肩こり 頭痛 ヘルニア 坐骨神経症

インド国際スクール

11時半に帰宅したらまだ家内が起きていて、パソコンに向かっていた。
ロゼッタストーンという英会話の教材を娘と競争で進めているらしい。
TVで見たというインド・インターナショナルスクールの話しをしてくれた。
そこでは5歳のうちに二桁の掛算を覚えさせ、全校生徒の前で発表をして
多くの人の前でも緊張しない 人前力 と言うものを身につけさせ、
11歳の卒業時にはパソコンのプログラミングができている状態らしい。
国際社会ではインド人が台頭し、国際会議の議長の力量とは
インド人を黙らさせ、日本人に発言させられるかどうかで判断できる
という、笑えないジョークもあるそうだ。
そんなインド人のように子供を育てたい日本の親御さんが多いらしい。
「いろいろな技術(スキル)があれば将来心配がない。」という。
人としての在り方と、技術的なやり方を併せ持つようになりたい。
思いだけでは仕事はできない。
しかし思いのない仕事ぶりは職場の崩壊にもなる。
今後どんな技術をどう使うか? ではなく、
どんな人が使うか? が問われてくる。
器用な人間ではなく、思いやりのある人間に親子ともども成長していきたい。

コメントを残す