オフィスシマザキ|島崎広彦|東京新宿・青梅 - 腰痛 肩こり 頭痛 ヘルニア 坐骨神経症

アルゼンチンとインド

「4月からアルゼンチンの日本人学校へ赴任となりました」
半年に1回来てくださっている患者さんが、昨日そう言っていました。
任期は3年だそうです。
すごいですね。 いい経験がたくさんできますね。
「また日本に帰ってきた時に寄ってください。
 日本の企業とかでは健康診断とかで、年に1回とか会社の費用で帰ってこられるみたいですけど、
 学校とかは違うのかな?」
そう聞くと、
「治安が悪かったり、環境が悪かったり、最新の医療設備が無いような国はそうなんですが、
 アルゼンチンはその点は良いみたいで、特にそんな優遇処置はないんです」
というお話を聞きました。
そして今日はいつもインドから通ってくださる沼田さんがご来院。
昨日聞いた話をそのまま伝えると、
「そうですよ。マレーシアだと帰国しての健康診断は2年に1回とかです。 
 でもインドはさすがですね。 年に2回ですから(笑)
 それだけ環境が悪いんですよ。
 先生、1回来てみてください。 来たらわかるから(笑)」
そんな答えでした。 しかも、
「半年に1回検査をして、それでも必ずひっかかるのが、ぎょう虫検査ですからね(笑)」
ひぇ~(◎◎)/  って感じですね。
沼田さんは今年で5年目。最後の年だそうです。
今年の秋に、1度行ってみます。
ちなみに、お腹に1匹サナダムシがいると、ダイエットになるそうです。
 

コメントを残す