オフィスシマザキ|島崎広彦|東京新宿・青梅 - 腰痛 肩こり 頭痛 ヘルニア 坐骨神経症

アスリートの間違ったトレーニング

いつも話題を提供してくれる鉄人トライアスロン・ボーイの吉原社長。
今回は自分なりに編み出したトレーニングをした瞬間に、人生初のギックリ腰だそうです。
家を出るのに1時間以上かかり、こちらについても駐車場から30分かかり、ようやく待合室へ。

IMG_1697.JPG

これが、治療後。
立てますね~。 

IMG_1702.JPG

これは翌日となる昨日の月曜日。服装を見ると仕事もできたみたいですね。
この日の夜は一緒にコア・トレーニングのレッスンに行く約束をしていたので、ちゃんと迎えに来てくれました。
「君はまだやらないほうがいいよ~」 言ってなだめても行こうとするので、
「ちょっと待って ちょっと待って おに~さん。
    レッスン行かないゆ~て~な」
という事で、彼は 見学 になりました。
そしてこの後、私は逆襲されるのですが、
その動画は後日、一緒に映った方の認証を受けたら動画でお見せします。

IMG_1710.JPG

予約時間はもっと前だったのですが、なんせ動けないので、
最後の患者さんに山辺さんが説明している脇を、ハイハイで通過。
来院
がんばれ がんばれ~。
ベットにさえ乗れたらあとは何とかするから!!
こんな時、そばに居ても何も出来ずにただ笑うしかない自分が歯がゆいです。(笑)
でも実際は、こんな時は自分で痛みがないところを探しながら、
それこそ1cm違っても激痛が出ますから、人から触られるのもイヤなものなのです。
経験が在る方はわかりますよね。
ベットへ
これが治療後。
治療後で
そして翌日はトレーニング・レッスンに行こうとする 鉄人 であった。

2 thoughts on “アスリートの間違ったトレーニング

  1. ちゅんこ

    すごーい変化ですね。素晴らしいですね。動画は分かりやすいですね。
    ベッドによじ登る姿は、見ているこちらも息が止まってしまうくらい痛そうなのに、
    シマザキ先生は、声がちょっと笑ってますよね?
    それで、逆襲されちゃったんですか?
    よく分からないけど明日が楽しみです。

  2. 島崎です

    ちゅんこさん
     やっぱり笑ってます?(笑)
    必死にこらえているんですけどね~笑
     この状況の患者さんを見て、余裕で笑えるようになるまでには、筆舌に尽くしがたい苦労があって、
    その苦労に比べたら吉原社長のこの程度の痛みなんて・・・・ いや、だいぶ辛そうでした。
    実際は、笑っているんじゃなくて、わくわくしているんです。 よし、俺の出番だ! みたいな。
    早くベットに乗せて、治療して、ビックリするような顔を見るのが楽しみなんです。
    でも、やっぱり笑っているから、翌日、見事に逆襲されます。
    その動画は、12時過ぎたらUPしますね。

コメントを残す