オフィスシマザキ|島崎広彦|東京新宿・青梅 - 腰痛 肩こり 頭痛 ヘルニア 坐骨神経症

やっぱりよくなる

患者さんの話を聞いていると、
やっぱりよくなっている。
でも、
脊柱管狭窄症、すべり症、圧迫骨折。
この3つは、たしかに軽度から重度まで度合いがあるけれども、
やっぱりひどくなってしまうと、外から治療してもあまり変わらない。
楽にはなるけれども、長くは続かない。
病院に行っても「手術しかない」と言われている状態の人たちだ。
アメリカでは効果のない治療を1か月以上継続して、それ以上通院を勧めると
訴えられます。
変に期待を持たせて売上を伸ばすようなことはできないのだ。
オフィスシマザキとしては、糖尿病とか、心臓病とかの持病があって、
手術ができない状態だったら時間はかかっても、回数がかかっても、
少しでも楽になるように全力を尽くします。
でも、手術をしなければならない人の決断を誤らせたり、遅らせたりすることは、
患者さんにとってはものすごく不利益な事だと思っているのですが、
「先生以外に頼るところがないんです」って言われてしまうと、
「じゃあ少しでも楽になれば・・・また2週間後に」 と言ってしまうのが、
私の弱いところ。

コメントを残す