オフィスシマザキ|島崎広彦|東京新宿・青梅 - 腰痛 肩こり 頭痛 ヘルニア 坐骨神経症

つかこうへい忠臣蔵

昨日はつかこうへい版忠臣蔵のお芝居を見てきました。
幻冬舎という出版社の見城社長が、
「この芝居(文化)を伝えるためならどれだけでも資金援助する。」
という豪快な発言により、東京6日間という短い期間の中で、学生を無料で招待するという特別講演も設けています。

写真 2 (15).JPG

紀伊国屋ホールの中はこんな感じです。
俳優さんも大勢いらしていました。
もちろん、幻冬舎の見城社長もおいでになったので
「今度社長のところからも一本書くからね。」みたいな調子で軽く会釈をしてきました。

写真 1 (16).JPG

芝居のセリフ回しはすごく早口ですね~。
とっても集中します。
それにしても、言葉というのはここまで洗練されるものかと驚くばかりです。
赤穂浪士47士が 「我らAKO47(フォーティーセブン)!」
と叫んだのには笑ってしまいました。
実はこのお芝居には甥っ子が出演しておりまして、
体のメンテナンスだけでなく会場に応援に行ったのです。
Tシャツの下の方にも AKO47 の文字が(笑)

写真 3 (10).JPG

初めて見た演劇の世界。
とても感動しました。

2 thoughts on “つかこうへい忠臣蔵

  1. まゆぽん

    生のお芝居!
    先生初めてなんですか?
    意外です~!
    都会にお住まいなので、
    何度か見ておられるのかと…。
    私、演劇部でしたので(笑)
    学生の時は、見に行ったものです。
    最近はさっぱりですが…。

  2. 島崎です

    青梅は都会じゃないでしよ~
    今、青梅よりももっと都会の長岡足湯にいますよ。
    ご近所ですね。

コメントを残す