オフィスシマザキ|島崎広彦|東京新宿・青梅 - 腰痛 肩こり 頭痛 ヘルニア 坐骨神経症

その時、被災者ではなく救済者になる

4年以内に立川断層を含む大きな地震が起きると予想されています。
そしてまさに自宅の300m横を立川断層が縦断しています。

DSC_8623.JPG

ここが家族で決めた第1避難場所。 汲み取り式のトイレがあって、近くに川がある。
川の水が飲み水にはならなくても、水があるだけでかなり便利なはず。
なんと近くに養鶏場があるので、食料は毎日新鮮な卵が・・・
そして、「ビバークどころか宴会が開けるぜ~」と言えるための備えが、
この大型ガスコンロと普通のガステーブル。そしてプロパンガスのボンベを2本。

DSC_8624.JPG

アルファ米もいいけれども、うどん粉を真空パックしてもらって非常食に。
これがまだ持ちが良いらしく、3~4年ぐらいはいけるのではないか?という推測です。
これですいとんやお好み焼きを作ります。
その他、水、塩、砂糖、本だし、味噌、醤油、七味、サラダ油、パスタ、缶詰各種、
雨具のカッパ、傘、長靴、風邪薬、消毒薬などの医薬品、トイレットペーパーなど、
捨てようと思っていた服もストック。 毛布とマットレス。 軍手。 安全靴。
トイレが相当汚れるだろうから、トイレ掃除用の洗剤と掃除道具。
まさかり(斧)も2本買ったので、薪の調達や、崩れた家屋からの人命救出にも活躍。
おっと、倉庫に入りきらない。
子供たちが青梅線内で被災した場合は、第2避難場所へ。
そこにはカセットコンロなど、簡易防災セットを配備。
でもやっぱり私が一番人の役に立つのは治療によってだろうから、
大型の倉庫を買って、治療ベットのスペアーを格納しておこうか・・・
皆さんは備えていますか?
ほかにも便利グッズがあったら教えてください。
(なぜこんなに重装備になるかというと、自宅の裏山が土砂崩れ危険区域に指定されていまして、
 家屋倒壊は免れないと予想しているからです。皆様はそこまでしなくても良いのかも)

4 thoughts on “その時、被災者ではなく救済者になる

  1. スカイブルー

    初めまして!
    二年ほど、時々拝見させて頂いております。グーグルの検索ワードで「首、むちうち」で検索してヒットしました。
    此方も関東に住んでいます。過日、家族と共に非難訓練をしました。
    後日、突然腰痛が出まして、歩けなくなったとき、今地震が来たらと、大変怖い思いをしました。その時は、たまたまベッドの横に杖状のものがあり、掴まって歩く事が出来たので、それからは「杖」を防災用品に加えています。
    便利グッズで無くてすみません。
    便利グッズは、土耕菌ナルナルです。本来は農業資材なのですが、夏の終わり頃、屋外のボットントイレにこれが入れてあり、殆んど匂いませんでした。牛舎の糞尿の処理にも使われているそうなので、我が家では、災害時のトイレ用品として備蓄しています。
    www.narunaru.info/index.html
    先生の記事を拝見して、我が家にはコンロ類の備えが全く無い事を思い出しました。
    備えようと思います。
    ところで、もし宜しければ教えて下さい。
    治療を受けた日に運動をすることは可能ですか。
    運動は、柔道なのですが…
    どうぞ宜しくお願いします。

  2. 島崎です

    スカイブルーさん。 素敵な情報をありがとうございます。
    土壌菌のオーケストラ
    活菌すれば殺菌する必要がない
    痺れますねこの言葉。 
    早速入手してみます。
    火器類はキャンプ用のツーバーナーもいいですね。
    私の家は都市ガスではなくプロパンガスなので、
    燃料は備蓄しなくても、倒壊した家の外側にあるのを外してくるつもりです。
    もちろん8kgのボンベは満タンで倉庫に入れましたが。
    他にも爪切りや耳かきや、歯ブラシや防虫スプレーや、かゆみ止めや・・・
    なんだか、不謹慎ですが楽しんでいるみたいです。
    (実際楽しいですけど)
    治療に関してですが、
    当日の運動はあまりお勧めできません。
    まして、格闘技では・・・・
    ゆったりできる日がより効果的ですよ。
    またいつでもご相談ください。
    有益な情報ありがとうございました。

  3. スカイブルー

    ご返信をありがとうございます!
    ナルナルについて、興味を向けて下さるだけでなく、HPに足を運んで下さり、有り難う御座います。オープンマインドな方だと、改めて驚きました。
    前回、書き漏らしがありました。トイレとしての
    ご使用時には別途籾殻が必要になります。
    大事なことを失礼しました。
    ナルナル式簡易トイレ
    blog.livedoor.jp/agrikin/archives/1690048.html
    もし籾殻を入手されましたら、ナルナルはパッケージのまま長期間保存できるそうですが、
    ボカすことで量を拡大することが出来ます。
    ご参考までに、お知らせします。
    改めて防災用品について、ご紹介をありがとうございます。
    ライフラインの三日間の寸断を想定していましたが、長期的な装備の拡充が必要なことを、お話を伺うことで気付きました。
    ツーバーナーを検索しましたら、屋外活動にも心強く、燃料も選べることから、リストに加えました。良いものをご紹介下さり、有り難う御座います。
    守ろうとする意思と楽しさは、同じ感覚に感じます。防災活動中は、沸いてくるような熱量とワクワク感で(その時だけ)頑張ります。
    二十五年前に鞭打ちになり、それを境に根気が続かない、熱が籠りやすいのを、騙し騙し、していますが、近年は手のひらや足の裏に熱が溜まり、注意が散漫に、より疲れやすくなっているようです。
    諸症状と長い付き合いになりまして、命には別状が無い為か、優先順位を下げておりましたが、今回の書き込みを機に、改めたいと思います。
    これからも、どうぞ宜しくお願い致します。

  4. 島崎です

    スカイブルーさん
    我が家は倒壊することが前提ですから長期化します。
    親戚に身を寄せれば済むことなんですけど、まずは依存よりも自立の可能性を考えました。
    もみ殻のことも学びました。
    こんなに便利なものもあったのですね。
    逆にトイレ洗剤は不要になりましたね。
    子供にトイレ掃除を教える良い機会と考えていました。
    こうなれば素手で、タワシと水だけでお掃除ですね。
    ちょっと荒行になるかも(笑)
    ライフライン3日で回復するといわれていますね。
    私はファスティングとか言って、3日間の断食とかしているので結構平気かなと思っているのですが、
    そんな風に意図して食べないで、しかもちゃんと3日後には食べられる保証があるのと違い、意図せず、本当に3日後には食事にありつけるのかどうかという不安は、ちょっと嫌です。
    家族力を合わせて、もっと困っている人のお役にたちながら、苦難を乗り越えたいと思っております。
    「金のある人は金を出せ。
     力のある人は力出せ。
     知恵のある人は知恵を出せ。
     何にもなくても元気出せ。」
    松山千春さんの言葉らしいです。
    やったりましょう! お互いに。
    さて、むち打ちの後遺症ですね。
    当初はいろいろ治療は試みたのでしょうか?
    他のいかなる治療と比べても、効果が高いと思います。
    心配ないですよ。きっと良くなります。

コメントを残す