オフィスシマザキ|島崎広彦|東京新宿・青梅 - 腰痛 肩こり 頭痛 ヘルニア 坐骨神経症

すごく粋な外科医の先生

僕もこの先生に手術してほしいと思える先生に出会えました。 という内容です。
人は足腰から弱っていくと言いますが、
足腰が弱ってくるとどうしても手の力に頼るので、
手首にある 手根管(しゅこんかん)が肥大化してしまい、
神経を圧迫することが多くあります。
本日来ていただいた88歳の女性患者さんも、そんな理由で手首の手術をなさったそうです。
手の平から手首まで、約4cmほどメスを入れるのですが、
この方の手術の出来栄えを見てください。
IMG_1087.JPG
私は思わず叫んでしまいました。
「スゴ~イ! 生命線を長くしてくれているじゃないですか!
 ほら、 粋な先生ですね~。 細やかな配慮がたまらないですね~。」
患者さんも「150歳ぐらい生きられそうですね~」とご満悦でした。
今まで何人もの手術痕を見てきましたが、この先生の仕事は思いやりに満ちています。
たまたま病巣がその位置にあったからかもしれませんけど(笑)

2 thoughts on “すごく粋な外科医の先生

  1. よこぴー

    シマザキ先生も面白いけど、先生の患者さんもさすがですね 笑
    その後、先生の生命線は伸びつつあるんですか?

  2. 島崎です

    よこぴー先生
     
    こんな粋な計らいができる先生は少ないですよね。
    僕の生命線は、う~っすらと伸びているんです~(笑)

コメントを残す