オフィスシマザキ|島崎広彦|東京新宿・青梅 - 腰痛 肩こり 頭痛 ヘルニア 坐骨神経症

すごい詩を教えていただいて

題は  葛藤
笑うことは 愚かに見られる危険を冒すこと
泣くことは 感傷的に見られる危険を冒すこと
人とふれあうことは かかわりあう危険を冒すこと
気持ちをさらけ出すことは 拒絶される危険を冒すこと
人前で自分の愛を語ることは 嘲笑される危険を冒すこと
愛することは 愛されないという危険を冒すこと
圧倒的な不利を承知で前進することは 失敗の危険を冒すこと
しかし冒険せねばならない なぜなら人生の最大の危険は
何の危険も冒さないことにあるからだ
何の冒険もしない人は 何もしない 何もない 何でもない
苦難と悲しみからは逃れるかもしれないが
学ぶことも 感じることも 変わることも
成長することも 愛することもできない
自分の確信に縛られて奴隷になっている
自分の自由を失ってしまったのだ
冒険する人のみが自由なのだ
―保証ではなくチャンスを探せ
―人生はどうであったかではなく、これから何がおこるかである
―人生は旅であって目的地ではない
―欲しい状態を手にするには現状を手放さなければならない
―依存は相互同意による奴隷制だ
―矛盾―安定の欲求を手放せば安定を得る
―人生をそっとしのび足で歩いて、安全に死に到達しようとする人がいる
―先延ばしにする癖は、ほとんどの人が直すのを引きのばす欠点だ
―敵が欲しければ、誰かを変えようとすればいい
―成功とは、もう一度立ち上がることだ
―望むのは、本当に手にする意志のあるものにせよ
―問題から逃れる最善の方法は、それを解決することだ
今日が地球で生きる最後の日であるかのように生きよ
      いつの日か そうなる!
メアリー・オノプチェンコ
最近の心の迷いを払拭してくれました。
今年も突き進みます。

コメントを残す