オフィスシマザキ|島崎広彦|東京新宿・青梅 - 腰痛 肩こり 頭痛 ヘルニア 坐骨神経症

ぎっくり腰 実録

先日、上部頸椎アジャストメント技術のDVD教材の撮影のために来てくださったカメラマンの今泉さん

ぎっくり腰になって3時間かけてご来院くださいました。

そのご来院時から検査までの動画と、治療後の動画と、治療後20分の散歩後の動画です。

まずは来院時の動画ですが、
コルセットを外した時の体の不安定感、
背骨の曲がり、
ベットから降りるときの腰が伸ばせない状況が特徴的です。

この動きはぎっくり腰になった人しかわかりませんね。

続いてアジャストメント後の動画ですが、
ベットから起きて立つまでの動きの改善、
あれ、眼鏡はどこだ? と振り返る時の動きの改善などが見受けられます。

この動画は20分のお散歩後です。

多くの場合、冷やして安静と言われるような状況ですが、
あえて動かしてもらいます。
著書にも、冷やすことは悪化を止める作用があっても、改善させる要素はない。
と書いて居ますが、出来れば温めて動かして血液循環を良くした方が改善が早いです。

ここまで楽になれば、この後、日に日に良くなることを苦しまずに待つことが出来ると思います。
3日か4日目の朝までには全て改善する予定ですが。

途中に抜けている治療のシーンは、12月8日リリースの教材の中に入ります。

 

コメントを残す