オフィスシマザキ|島崎広彦|東京新宿・青梅 - 腰痛 肩こり 頭痛 ヘルニア 坐骨神経症

お客様の声

 

お客様の声をそのまま載せております。個人差や治療に取り組む姿勢などで効果は目に見えて違ってきます。

90代/男性/医師
「医者も納得。ストレートネックもかなり改善」

長年の診察で疲れたのか、だんだん首が前に落ちてしまい、「首垂れ症」という状態になってしまいました。まさか自分が? と悩んでいましたが、悩んでいても解決することがないのは医療従事者として理解できていました。
知り合いに島崎先生を紹介してもらってから、自分でも首を押すようになりました。途中、少し良くなったと思ったら転んで頭を打ってしまった事が2度もあり、それでもまた治療をしてもらいながらご指導いただき、自分でも首をしっかり押して、もっともっと改善するよう、努力している最中です。

 

20代/男性/美容師
「猫背が治り、仲間にもほめられた」

背中の痛みで長い間苦しんでいたところ、美容室の先輩に島崎先生を勧められて受診しました。
その時先生に「すごい猫背ですね。そんな姿勢でお店に立っていたら、やる気なさそうに見えて、雰囲気を悪くしてしまいますよ」と言われたことがショックでしたが、1回目の治療ですごく楽になり、鏡を見ながら姿勢を正す方法を
教わり実践しているうちに、背中の痛みが徐々になくなってきました。すると、仕事が楽になっただけでなく、仲間から「筋トレでも始めたの? 肩幅広くなったよね」と声をかけられるようになりました。私も仲間にすすめています。

 

30代/女性/看護師
「理論も効果も本当に納得できる。看護師仲間と一緒に首押ししています」

心療内科の医師の紹介で受診しました。
症状は夏場に出る大量の汗と、それ以外の時期の悪寒。自律神経失調症と診断され、首・肩こりがひどいことが原因と言われました。
病院からの紹介ということもあるのか、とても親切に説明してくださりました。症状の捉え方や対処法など、とても参考になるお話ばかりでした。
初回の治療で肩こりが楽になり、体温調整もうまくできてきたことを伝えると、なぜ自律神経が肩こりに影響されるのかを、神経節の位置や働きの面から再度教えてくださいました。

理論も効果も本当に納得できる先生の治療です。自分で首を押す方法も教えていただいたので、看護師仲間にも教えてあげています。

50代/女性/主婦
「難しいと言われていた、両手のしびれが改善しました」

両手のしびれが出てきたため、病院で精密検査をしましたが、脳も血液も問題がないと言われてしまい困っていたところ、以前腰痛でかかっていた島崎先生を思い出して受診しました。
どれだけ辛いか、どれだけ不安か、病院での結果もお伝えすると、先生は笑顔で、「5年ぶりですね。その時の症状を覚えていますか」と言いながら、私のカルテを見せてくれました。
そこには「両手のしびれ」と書いてありました。良くなってしまうと忘れて
しまうものですね。「両手のしびれは脳からは来ないんです。手先が冷えるで
しょう? 首がずれて神経が圧迫されて、末端の血流障害を起こしているんで
すよ」と説明されました。その後首を数回押していただき、40分ほど休んで起きたら、もう手が温まって、しびれがなくなっていました。
「先生、本当にスゴイですね!」 そう伝えると、「こういうの、得意なんです」
とやさしい笑顔で答えてくださいました。
再発してしまったら完治は難しいとのことでしたので、姿勢にだけは気をつ
けて日々を過ごしたいと思います。

 

50代/女性/休職中
「難病の繊維筋痛症でお世話になっております」

線維筋痛症という難病と診断され、全身に出現する痛みと戦っています。
すべての筋肉とあちこちの関節。痛みは同時多発的にあり、あごの痛みで食ることも困難でした。島崎先生の治療も2、3か月間隔になってしまっていましたが、それでもあごが楽になり、食べることが苦痛ではなくなりました。
先日は足首が固まり、階段を降りることができなくなったと伝えると、「検用ベッドに仰向けに寝て片方ずつ足首を回してください」と言われました。
左足が痛むことが多いですし、足首も左側は回しているつもりでも上下にしかいていないような感じでした。しかし、先生が首の右側を押すとまったく抵抗なく左足首が回るではありまか。私のような病気でも、首の位置が整うだけで関節の動きが変わることビックリしました。「ご自分で首を押す時も、右から押してくださいね」そ言われてまた安心して過ごせています。
40代/男性/理学療法士
「理学療法士から見てもすごい治療です」

ヘルニアになってしまい、首の痛み、肩から背中にかけての違和感、腕全体の
シビレ、腰痛、坐骨神経痛、足のしびれといった痛みと不調に悩んでいました。島崎先生のことは職場に通っていた患者さんが劇的に変化したことで知りま
した。私たちでも手こずっていた症状がこれだけ早く変わるの様子を見て、興があるというよりも自分を助けてほしいという気持ちで予約しました。
先生が首を触診している時に、ある一点を押すと腕に少しピリピリときたので「そこを押すとシビレがきます」と伝えると、「ここが頸椎1番です。ここ以外のところを押しても平気ですよね。このしびれるところを向こうで治療し
ます」とおっしゃいました。
軽く押してもしびれるところを押されたら、激痛が走るのではないかと不安でしたが、瞬間的にパチンと弾くような押し方でまったく痛みもなく、そのまま寝ている間にしびれがす~っと引いてきました。本当に不思議でした。
2回目は緊張もなく、どこをどんなふうに押しているか、また自分でも押せるようにポイントも教えてくださいました。それからは、よほど悪い姿勢でいないかぎりしびれることはなくなりました。

50代/男性/耳鼻科医
「医師の私も、先生の大ファンです」

肩こりに悩んでいる医師です(笑)。患者さんの鼻や耳をのぞきこむような検査が続くと、肩こりがたまらなくひどくなります。
院の看護師さんの紹介で、島崎先生の治療を受けました。治療はもちろん素晴らしいのですが、何よりも検査と説明が、医者の私も納得できるハイレベルなものでした。
サーモグラフィに写った自分の背中を見た時に、こりがひどいところの温度が冷たく、青く写っているのには正直驚きました。その後の検査も的確にこりの場所を一発で探り当てる指の使い方や、関節の可動範囲の異常などを瞬時に肩こりに悩んでいる医師です(笑)。患者さんの鼻や耳をのぞきこむような検査が続くと、肩こりがたまらなくひどくなります。
院の看護師さんの紹介で、島崎先生の治療を受けました。治療はもちろん素晴らしいのですが、何よりも検査と説明が、医者の私も納得できるハイレベルなものでした。
サーモグラフィに写った自分の背中を見た時に、こりがひどいところの温度が冷たく、青く写っているのには正直驚きました。その後の検査も的確にこりの場所を一発で探り当てる指の使い方や、関節の可動範囲の異常などを瞬時に触診される能力には驚かされました。そこまで納得して受けられる治療であり、治療後にはスッキリして楽になったという実感を得られました。花粉症の時期など忙しい時にはまたつらくなるので、定期的に治してもらって、家内と一緒に5年ほど通っています。ギックリ腰で動けなくなった時も助けていただいて、私にとっては駆け込み寺です。
40代/男性/外科医
「実はとても科学的な自然療法です」

軽度の左足坐骨神経痛です。お尻からひざあたりまでの痛みなので、原因が腰にあることは予想できました。肩こりもひどく、数時間に及ぶ手術もあるので、集中力を切らさないために体の痛みはなくしておきたかったのですが、整
形外科で腰のレントゲンやМRIを撮っても異常は見つからず、「せめて肩こりだけでも楽になりたい」と、看護師から教えられて島崎先生の治療を受けました。
その際、「なんで右足は痛くならないのかわかりますか?」という質問に、確かにそうだ! と衝撃を受けました。本当に目からウロコが落ちる思いでした。調べてもらうと上半身が左側に傾き、左の腰に体重がかかっています。しかも左足の方が長く、骨盤を突き上げているために痛みが生じているのです。
「これなら左が痛くなるはずですよね」
そう言われて、非常に納得しました。
「レントゲンやМRIにはつぶれた骨や椎間板が写るはずですが、いまは左に傾いた上半身の重みで骨をつぶしている最中なんです。まだつぶれきっていないので画像診断では問題なく写るのですが、それでも痛みは出てきます」この話にも納得です。
やっぱり姿勢が大切なのですね。おかげさまで治療の効果も出て、いまは手術が続くと疲れから肩こりが出ますが、坐骨神経痛はなくなりましたし、そんな肩こりも一晩寝ると回復するようになりました。首の治療だけなので不思議と思われますが、実はとても科学的な見方だなというのが一番の感想です。
40代/男性/内科医
「手術なしで治していただき、本当に感謝しています」

肩こりと手指のしびれで、電子カルテの入力が苦痛でした。
治療当初はあまり変化は出ませんでした。しかし触診や視診による診断がレントゲン検査と同じであることに驚き、また、「ここを押すとよけいにしびれますよね」と言いながら、「悪いところを一時的にさらに悪化させる」という
神経学的検査をされたことで、本当に問題点が手に取るように分かりました。
効果が出ないのは普段の姿勢や運動不足にあるということもわかりました。
医療現場では、しびれはなかなか治るものではありませんので、手術をしないで治していただけて良かったと感謝しています。