オフィスシマザキ|島崎広彦|東京新宿・青梅 - 腰痛 肩こり 頭痛 ヘルニア 坐骨神経症

うつ 

国が発表した統計と予測によると、
15人に1人の確立で、うつ病を発病する
という事を聞いた。
そんなにたくさんの人が、普通にわずらう病気なのだと、
ちょっと安心した人も多いと思う。
私たちの立場では、やっぱりこれは何とかしなければ!! と思う。
特徴は自分の事を好きになれない人に多いらしい。
自分の事を愛せない= このこと自体がすでに問題だ。
多くの人は、自信がない。 自分には出来そうもない。
何に対してもそんなとらえ方をしてしまう。
過去にも直近にも、何かをして失敗した経験があると、
「どうせ自分には出来ない」 と自分を否定してしまう。
物事を成就するためには、『やり方』・『技術』という要素だけじゃなく、
誰のために何のためにという『目的』と、
絶対にやり遂げるという『信念』と、
自分は出来るという『自信』が必要なのだ。
でも、下の3つを教わる機会は少ない。
まして、誰のために、何のために という目的意識に気づくチャンスなどなかなか出会えない。
そんな社会の中で、「お金があれば幸せになれる」という勘違いから、
経済的合理性を考えはじめ、人々は『やり方』・『技術』を求めて、
生き方』をないがしろにしてしまう。
だからこの国では「ノウハウ本」がよく売れる。
繊細な感性の持ち主や、まじめな人たちは、そんな競争社会を好まない。
クオリティにこだわるので、仕事にも準備にも時間がかかる。
小手先のやり方で器用に生き抜く人たちと比較され、
「出来ないじゃん」 という様なレッテルを貼られてしまう。
その逆に、小手先器用な人たちも、ドンドン目標を達成していくと、
ふとやる気を失う時がある。
モチベーション・ダウン。 生き甲斐を見失うのだ。
うつにならない生き方は、難しいものではない。
私も日々それを実践し、毎日を幸せに過ごしている。
これだけポジティブに考えていられたら、落ち込むはずがない。
ではなぜ、私はポジティブでいられるのか?
それは、毎日多くの人の役に立っているという自己承認をしているからで、
毎日考えていることは、
「どうしたらもっと多くの人のお役に立てるだろうか?」
そんなワクワクした気持ちで過ごしているのだから。
人は、自分のためよりも、誰かのためにと思う方ががんばれるらしい。
買い物でも、自分のクリスマスセール品を選ぶより、
好きな人のクリスマスプレゼントを買う方がワクワクするのではないだろうか?
あなたも誰かのために、自分が出来ること を探してみたらどうだろうか?
自信や勇気を与えてもらうよりも、自信と勇気と愛と励ましを与える側に立つと決めたらどうだろうか?
「体調が悪くてそんな気にならない」そんな一言で却下されそうだが、
動き始めなければかわらない。 
「そういう気分になったらやります」 
それまで待っていたらますます考え、悩む時間を増やすだけだ。
出来ることからで良いから、ちょっと動き出してみよう。
その「出来ることは何か?」を見つけるお手伝いなら、
私たちにもできます。
いいことがある
きっと良くなる
ますます良くなる
必ず良くなる!
人は変われます。
多くの先輩がそれを証明してくれています。
あなたにも出来ます! 自信を持てます! 
あなたが元気で幸せな人生を送っている姿をみて、
一番喜ぶ人は誰ですか?
両親ですか? ご家族の誰かですか? 奥さん? ご主人?
それともあなた自信ですか?
だれも思いつかないとしたら、こう思いこんでください。
あなたの幸せを願って、応援して、元気な姿をみて一番喜ぶのは、
「オフィスシマザキのスタッフ一同です。」

コメントを残す