オフィスシマザキ|島崎広彦|東京新宿・青梅 - 腰痛 肩こり 頭痛 ヘルニア 坐骨神経症

ある男性の症例に学んで

この頃、人様にとても役に立てているという実感があります。
講演会の冒頭に、
「ご存じない方も多いと思いますが、
 実は私、天才治療家と呼ばれています。」
そう切り出して笑いを取るのがこの頃のスタイルですが、
前回もアンケートの結果は満足度100%でしたし、
お医者さんの患者さんからも
「先生はスゴイですね。」と褒められたり、
毎日充実しております。
今日、午前中の患者さんから、来年の治療スタイルを改めようと思う気づきがありました。
はるばる土浦から通ってくださる65歳(現在は67歳)の男性患者さんです。
初回の日付が、2012年 8月 5日 ですから、2年4ヶ月の通院期間です。
ご紹介者は、重症化した患者さんばかり紹介してくださる伊豆田様(笑)

IMG_1095.JPG

症状は首から左腕、そして腰から右足の痛みとシビレ。
病院での診断は坐骨神経痛で腰椎のヘルニア。 
リリカカプセルも飲んでいます。

IMG_1093.JPG

途中は変化のない時もありましたが、昨年一年をかけて右足のしびれは足底だけまでに減少。
今年は4ヶ月ごとに治療をして、前回8月の治療から、最後に残った腰痛もでなくなりました。
ご本人が「完治しました。」と大きな笑い声で伝えてくださいました。
この方は高校野球の常総学院の強烈な応援団です。
来年の春も出場を決めましたね。 なんと1年生エースだそうです。
「安心してアルプススタンドを歩き回れますね。
 甲子園に行く前に念のため治療してもいいかもしれないですね。」
嬉しそうに帰って行かれました。
途中で諦めずに続けてよかったな~と思いました。
もちろん、他にも長く通って頂いて改善した症例はたくさんあります。
伊豆田様のご紹介してくださる方はなかなか難しい方が多く、途中で諦めてしまうことが多いのですが、
「ぜひ僕の体験を話してください。信じて通えば必ず治ると言ってあげてください。」
とのお申し出を受けたので、ここでもご紹介させていただきました。
さて、来年の治療方針は、長く通っていただく患者さんも担当しようという部分です。
もちろん、ご本人の希望があればですけれども。

IMG_1094.JPG

伊豆田様からのご紹介の方ではありませんが、
「オレの腰を治せたらノーベル賞だよ」 という方がいらっしゃいます。
どこの治療院さんでも経験があるのではないでしょうか?
私も10人以上は言われています。 惜しいところでチャンスを逃しました。
天野教授達による青色発光ダイオードのノーベル賞受賞すばらしいですね。
同じ青でも、初めて見てビックリしたこのエレガンスブルーの胡蝶蘭。

IMG_1089.JPG

今年を象徴するカラーは青ですね。

IMG_1090.JPG

どちらの青も、長い年月の中で、度重なる失敗(試行錯誤)を繰り返しての成果だと思います。
来年は、諦めない。 

2 thoughts on “ある男性の症例に学んで

  1. よこぴー

    カルテの患者さん、完治おめでとうございます!素晴らしいですね。
    さすが天才!
    とあやうく書いてしまいそうでしたが、おっと、書いちゃダメなんですよね?
    だって先生のおっしゃる『天才』は実は褒め言葉じゃないんですよね。
    セミナーの冒頭で大笑いした人しかわからないでしょうけど、ネタばらしになると申し訳ないので、これ以上書けません!!
    あ~それにしてもセミナー、最初から最後まで本当に面白かったです。セミナーに参加していた誰かとこの笑いを分かち合いたい!

  2. 島崎です

    よこぴーさん
     
     面白かった、
     すごくわかりやすかった、
     勉強になった、など、
    アンケートには良い言葉が並んでいました。
    それでも、さすが天才! と書いた人は1人もいませんでした。
    また講演会があったら教えてくださいって、
    参加してくださった妊婦さんご夫妻に、今日言われました。
     

コメントを残す