オフィスシマザキ|島崎広彦|東京新宿・青梅 - 腰痛 肩こり 頭痛 ヘルニア 坐骨神経症

「とにかく手術!」

今日いらした患者さんは変形性のひざの痛みで、
当初は歩くのも大変な状態だった。
病院では「半月板がないから人工関節にしないとダメだね」
と言われ、昨年12月1日に来院された。
最近は歩くのは全く平気になり、階段では少し痛いぐらいに回復。
先週またレントゲンを撮ってもらったら、な、なんと、
完全にくっついていた膝の上下の骨が、ちゃんと右と同じに
隙間があいているではないか!!!
「そんなはずはない。 撮り方(レントゲン)の間違いだ!」
担当の先生はそう言って、続けざまに、
「とにかく手術!」 と念を押したそうだ。
「痛くもないし、隙間も空いたのだから手術はイヤ。 しない。」
そう言って帰って来たそうだ。
レントゲンの撮り方が違うと言っても、
確かに、骨と骨の間には隙間があるが、
角度によって両者がくっついて見える場合はある。
でも、すでに骨と骨がくっついて、ぶつかりあっている状態では、
どこから見ても、隙間があいて見えない。
ためしにゲンコツとゲンコツを1cm離して並べた自分の手を、
顔の位置を変えれば隙間がなくなって見えると思います。
でもその逆は・・・
良くなって良かったですね。
この方は絵の先生(画家さん)でしょっちゅう個展を開いています。
www.330unizon.co.jp/
次回は5月25日~30日で、場所は世田谷美術館。
ご興味のある方は、足を運んでみてください。

コメントを残す